自己破産で帳消しできる借金

自己破産手続きを行うと、確かに債務は免除されます。ですから手続きが無事に完了すれば借金は消えてくれるのです。それに申立後は、今まで債権者から「早くお金を返してください」と催促されて苦しかったとしても、その苦しみも終わってくれるのです。それに自己破産は、客観的に判断して返済するのが困難であれば、基本的に誰でも手続きを行うことが可能なのです。こうした非常に大きなメリットがありますので、自己破産手続きは借金問題解決のための優れた選択肢の一つとして広く認められているのです。

しかし実際に自己破産を検討する際には、デメリットを見逃してしまうようではいけません。まず第一に、金融事故の情報が個人信用情報機関に記録されることになります。これは、いわゆる「ブラックリストに名前が掲載される」という状態です。こうなると、10年くらいにわたって金融機関との健全な取り引きが出来なくなってしまいます。すると新規のローン商品やクレジットカードなどが作れなくなってしまいます。これは日常生活において、非常に不便なことです。

第二に、マイホームやマイカーなどの価値の高い財産(原則として20万円以上)は、処分されてしまう場合があります。これもまた、当事者にとっては大きなマイナスであることは間違いありません。第三に、三ヶ月から半年間ほど一部の職業では働けなくなります。第四に、場合によっては借金が免除されないこともあります。そして第五に、官報に掲載されてしまいます。ですから、単純に「借金を帳消しにできる」と喜んでばかりはいられないのです。

参考…http://www.adire.jp/